サロペットとは

salopetteはフランス語で、salope(汚れた、汚い)から派生した言葉です。

サロペットは仕事で汚れる場合に着る上っぱりなどの仕事着というのが元々の意味なのです。

英語のオーバーオールと同義語です。

イメージ的に分かりやすいのは、ホンジャマカの石塚英彦さんがよく着ているふくです。

さらには、スーパーマリオの服もサロペットですね。

服飾界でいうサロペットは「吊り紐が背中で十文字に交差された、胸当て付きの吊りズボン」とされているので、背中が身頃状に繋がったハイバックスタイルの胸当て付きの吊りズボンはオーバーオールと称されており、サロペットには分類されません。

最近では普通の吊りスカートまでサロペットとして販売されていることもありますが、サロペットは胸当てが付いているものに限られるので、胸当ての無いハイウエストの吊りスカートをサロペットスカートと呼ぶのは正確にはふさわしくありません。

現在では、ハイバックスタイルのものや、ホルターネックスタイルの胸当てスカートもサロペットスカートに分類されています。

サロペットは元々仕事着であり、ジャンパースカートや普通の吊りスカートとは、ファッションに取り入れられた経緯が異なっています。

サロペットは幼児や子供の遊び着として多く用いられるほか、スキーなどのスポーツウェアにも用いらています。

さらに、ファッションの多様化から、制服やフォーマルな衣装にまでサロペットは登場しています。

sly(スライ)のサロペット

恐らく、サロペットといえば SLY(スライ) が一番有名かもしれませんね。

他にも、リーバイス(Livis)やザラ(ZARA)からもサロペット商品は多くあります。

さすがに、slyのサロペットはデザインが洗練されています。
オーバーオールとかいうイメージとはちょっと違うものですね。

slyのサロペットは、なんだかサロペットなのかちょっと違うジャンルなのか分からなくなってしまいます。

大人の雰囲気を楽しむのであれば、slyのサロペットは最高だと思います。


★SLY(スライ)の商品はこちらをチェック!!★

サロペットの着こなし

サロペットというと、デニムを思い出す方は多いと思います。
サロペットは、とても応用が利く着こなしが可能なんですよね。

かわいく見せることもできるし、ちょっとセクシーに魅せることも出来ちゃうのがサロペットの魅力です。

シャツの上にサロペットを着て、かわいく見せる人も多いです。
また、サロペットの下は見せブラだけでセクシーに魅せる女の子もいます。

ボディーラインを強調するサロペットの着こなしもありますし、ボディーラインを魅せないサロペットの着こなしもかわいいです。

勿論、言うまでも無く作業着としてサロペットを着こなすこともありですよね。

これっと言ったサロペットの着こなしではなく自分のスタイルに合ったサロペットの着こなしを見つけることが楽しいと思います。

デニムサロペット

サロペットと言えば、デニムと考える人が多いと思います。

その前に、デニムって何だかご存知ですか?

デニム(denim)とは、縦糸をインディゴによって染色し、横糸を生成りで綾織にした、素材が綿のものです。

ジーンズに使用されることが多いのですが、鞄などにも用いられます。

デニムとはあくまでも生地の名称なのです。

主なデニム生地としては、
・右綾:通常のデニム生地。右上から左下に向かっての筋が流れているのが特徴。

・コーティングデニム:糸そのものにコーティングを施した、洗っても変化の少ない生地。

子供・キッズ用サロペット

忘れてならないのが、お子様用のサロペットですね。
サロペットスカートは、女の子が着るととってもかわいいです。

サロペットのズボンでも勿論カワイイですけどね!

最近では、キッズの服としてサロペットも随分種類が多くなりかわいくなってきましたね。

サロペットは、レディースだけのものでなく子供用としても広く着こなせるものなのです。

自分の子どもにカワイイサロペットを着せてあげることも楽しいと思います。
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。